HOME > STAFF BLOG > アーカイブ > 植村一弘

STAFF BLOG 植村一弘

オーダーの多いショート、ショートボブ

  最近、サロンでバッサリ切るお客様やショートボブにされる方にオーダーが多いヘアスタイルです。


これぐらいの長さだと、シャンプーして乾かすのも早いですしスタイリングがらくです。



きっちりベースカットをし髪のくせに合わせて毛量調整や質感調整をするのでハンドドライで簡単にまとまります。



サイドのシルエットもバランス良いです!







乾かした後にスタイリング剤でワックスをつけるのも良いですが、

ローランドのグロッシーネクターが程よく軽い質感で、髪の補修交換もありますのでおすすめです。







 



香りも良く、サロンワークでも欠かせないアイテムです。












ショート、ショートボブにバッサリ切ろうか迷い中のお客様、一度ご相談下さい。



簡単にスタイリングできて、日頃のお手入れが簡単なヘアスタイルをご提供させて頂きます!!



 ご連絡お待ちしております!

ショートボブ

本日のお客様です。


ショートボブのメンテナンスカット。


前回よりも少し短めなオーダーでした。







before




襟足が伸びて癖がでてきています。












癖を見ながら丁寧にカットしていきます。


何度も言いますが、ショートボブはボリュームのメリハリです。



しっかり出るところは出して締めるところは締める。

これ重要です!




after







良い感じのフォルムに仕上がりました。


ショート、ショートボブなんでもお任せ下さい。


ご連絡お待ちしております。


癖毛を抑えるトリートメントストレート

   今回のお客様は、産後髪質の変化で全体に、大きい癖と部分的にジリジリした癖毛が出てきて、縮毛矯正を使わずになるべく癖を落ち着かせたいというオーダーでした。


 縮毛矯正も昔に比べて、いろいろ良い薬剤がでて柔らかく仕上がるようになったのですがやはりパツッと感がでてきますよね。

 この商材は、縮毛矯正ほど癖は伸びないですがナチュラルに癖毛を抑えてくれます。

仕上がりは、トリートメント成分配合なので手触りも良いです。




ウェット状態でこのぐらいの癖がでてます。





施術工程てきには、縮毛矯正のようにアイロンやブローは使いませんので、1剤を塗布して10分放置し、洗い流して2剤塗布して終了という45分ぐらいでおわる簡単メニューです。






仕上げは洗い流さないトリートメントをつけてハンドブローのみです。











左側の強い癖もバッチリ収まってます。












めちゃくちゃ物凄く強い癖毛だと厳しいかもしれませんが、大きい癖やボリュームダウンしたいお客様にはかなりおすすめです。

ご相談下さいませ。

ご連絡お待ちしております。

ピンクブラウン

だんだんと寒くなってきました!

もうすぐ本格的に冬到来ですね。


カラーリングの色味も、最近暖色系の色味のオーダーが増えてきました。











ピンクブラウン、かわいいですね!



色持ちもよく、髪に艶感もでます。

いつもすぐに黄色く色が抜けてしまう方にはピンク系のカラー剤にパープル系の色味を少し入れてあげると、黄色味が出にくくおすすめです。



1人1人お客様の髪の状態に合わせて、カラーを調合して施術させて頂きますのでご希望に合わせた色味に仕上がります。








前髪のほっこり感、ゆるいウェーブとも相性抜群ですので、パーマをかけてもおすすめですね。


こちらもダメージレスなパーマ液を揃えていますので、柔らかい質感に仕上がります。








秋冬でガラッとヘアスタイルを変えたい方は、なんでもご相談下さい。



ご連絡お待ちしております!!

ミディアムスタイル

ロングからミディアムにスタイルチェンジしました。




毛量が多く、少しゆるい癖のあるお客様です。



   かんたんにスタイリングができる、外ハネミディアムスタイルを提案させて頂きました。






Before









バッサリ15〜20センチは切らせて頂きました!




うまくまとまるように、癖を見ながら丁寧カットしていきます。

パサつきが出にくいように、セニングを使わず毛量調整をさせて頂きます。




そして、軽くアイロンで外ハネに。









これぐらいの外ハネミディアムかわいいですね!







仕上げは、ローランドグロッシーネクターで艶感をだして完成です。


ショート〜ロングまで全般得意ですのでなんでもご相談くださいませ。



ご連絡お待ちしております。

黒髪ショートボブ

今回のお客様は、4ヶ月ぶりのご来店。

だんだん長さが短くなっております。


before









柔らかい髪質で、少し癖のあるペタッとなりやすい髪質です。






適度に厚みをもたせ、トップはふんわりするショートボブスタイルをご提案させて頂きました。




ベースが黒髪なので、重くなりすぎるないようにスライドカットで束感をだして行きます。



いつもの如く襟足はタイトにトップは適度にふんわりメリハリのあるヘアスタイルを目指します。













完成です。適度に抜け感と束間が良い感じですね!






すきバサミを使わずに丁寧にカットさせて頂きます。




ご自宅での再現性重視のカットですので、朝のセットが乾かすだけど簡単に仕上がります!!

気になりましたら、是非一度ご連絡ください。


お待ちしております!!

ハイライトのオーダー増えてます。

最近、いつものカラーリングにプラスでハイライトのオーダーが増えております。



比較的に白髪染めをやめて白髪ぼかしでハイライトを入れる方がおおいです。

生え際に少し白髪がでてきて、まだ全体の白髪染めは早いかなというお客様にはベストだと思います。



コントラストで、上手く白髪をなじませ伸びてきても目立ちにくいです。





トップにハイライトを入れて、全体はアッシュマット系の色味をいれて、赤みをなるべく抑えたカラーリングです。





 



ショートボブのオーダーも多いので、そのスタイルにもしっくりくるカラーリングになっております。














まだ全体の白髪染めは早いかな、白髪染めをやめておしゃれ染に戻してけど白髪はどうしよう。というお客様一度ご相談ください!!



ご連絡お待ちしております。

インナーカラー

いつものカラーリングに、ハイライトやインナーカラーはいかがでしょうか??





今回のお客様は、耳上付近に一度ブリーチをしベージュ系の色味をのせました。











耳にかけてもチラッと見える感じがかわいいです!!










全頭ブリーチのダブルカラーはちょっと!と思うお客様にもおすすめです!




ブリーチはダメージを考えてケアブリーチを使用していますので、最大限ダメージをカットできますのでお任せください。







コロナやこんな世の中ですが、職場や学校で許される範囲で、いろいろヘアスタイルを楽しみましょう!!


お手伝いさせて頂きます!!



ご相談下さい!!ご連絡お待ちしております。





ショートボブメンテナンス

今回も2ヶ月に1回カット&カラーをされるお客様です。



オーダーの多い前下がりのショートボブにカットしました。




before










右バックサイドに強い跳ねる癖があります。




癖を見極めて丁寧にカットしていきます。



髪の癖の強いカット得意ですのでお任せください。





after













きっちり右側の跳ね癖は抑えました。


パーマ等は使っておりません。


髪の癖をカットオンリーで出来るだけ生かすところは生かし、抑えるところは抑えてヘアスタイルをご提案させて頂きます。




仕上げは、ローランドのグロッシーネクターで簡単スタイリングです。









これは、コスパも良く程良い軽さで扱いやすいのでおすすめしております。


ヘアスタイルや商材に関してなんでもご相談くださいませ。



ご連絡お待ちしております。

TOKIOトリートメントでハリコシと艶感

今回のお客様は、カット&カラーにTOKIOトリートメントの施術です。


もともと、柔らかくボリュームが出にくい髪質です。



カラーリング前にTOKIOトリートメントで前処理をしていきます。

しっかりTOKIOトリートメント1、2をつけカラーリングの施術。

カラー終了後流した後に3、4をつけて完成です。


今回は、アッシュブラウンで仕上げました。


黄色くなりやすい髪質ですので、アッシュ系に少しパープルを入れて黄色味を打ち消していきます。


そうするとアッシュが長持ちします。


TOKIOトリートメントは色の持ちも良くなりますのでおすすめです!!









ハンドブローのみの仕上がりです。



髪にハリ感と艶がでてます!!






仕上げは軽く巻いてみました。













巻くと雰囲気も変わって良いですね。




TOKIOトリートメントは、万能で他にも縮毛矯正やパーマの施術にも並行して使えて、髪を触ってみると断然仕上がりが良いです!!


気になる方は一度お試しください。


ご連絡お待ちしております。


1234

« メンズ | メインページ | アーカイブ | 小島章平 »